見るたびに勇気が出るブランド腕時計

腕時計に幼い頃から憧れがあったのは父の影響

ブランド 腕時計シチズンウオッチオフィシャルサイト[CITIZEN-シチズン]

腕時計に幼い頃から憧れがあったのは父の影響で、仕事にはいつも欠かさず付けて行っていた格好良さが大人に見えて、いつか私も同じように身に付けたいと思っていました。
学生時代は高級なブランドものに手が出せるわけもなく、シンプルな使いやすさや時間がすぐに分かる見やすさの機能性だけを重視して、手頃な腕時計を愛用していました。
時計そのものの価値や魅力にまだ気づかず、時計を身に付けていることがお洒落のように感じていたのです。
必要に迫られ、本格的に腕時計を意識し探すようになったのは社会人になってからです。
それまで使用していたものが古く使いづらくなり、何度か買い替えを意識したこともありましたが、携帯で用が足りるようになったことや洋服やメイクに興味が出てそれらにお金をかけたいこともあり、いつしか私は腕時計を使わなくなっていました。
社会人になってから時間の有限性を痛感するようになり、時間をすぐに確認できない不便さや不安に直面することも増え、再び腕時計に興味が湧いてきたのです。
気になり出したら周囲の人たちの時計も目に付くようになり、自分だったらどんなものがいいか、合わせやすいのはどんなデザインかなど考え始め、今度は長く使える一生モノのブランド品を買おうと決めたのです。
それまでレザーベルトのものを使用していて、レザーは経年劣化が気になったため次はステンレススティールのものがいいと思い、あれこれ見比べながら候補を絞っていきました。

英国の腕時計ブランド・HENRY LONDON(ヘンリーロンドン)初の機械式ペアウォッチはこれからのギフトシーズンにぴったり! | MonoMax(モノマックス) - https://t.co/XJi6GBrBDj pic.twitter.com/BPOYIwMaCw

— MonoMax (@MonoMaxWEB) October 19, 2021

腕時計に幼い頃から憧れがあったのは父の影響あまり大き過ぎずシンプルでスッキリしたデザインのものが良いいつも私に自信を与えてくれる大切な宝物