見るたびに勇気が出るブランド腕時計

あまり大き過ぎずシンプルでスッキリしたデザインのものが良い

腕時計に幼い頃から憧れがあったのは父の影響あまり大き過ぎずシンプルでスッキリしたデザインのものが良いいつも私に自信を与えてくれる大切な宝物

私の雰囲気や普段使いのしやすさを考えると、あまり大き過ぎずシンプルでスッキリしたデザインのものが良いことが重要でした。
自分のがさつな性格も考えると、ある程度の防水性やクォーツ式時計が相応しいことも考えられました。
そのうち電池交換は必要になるけれど、機械式よりは面倒も少なく感じ、また手間をかける箇所があるのも愛着が持てるかもしれないと思ったのです。
あとは、仕事でも浮かないきちんと感や上品さがあり、オフの日でも使いやすい派手過ぎない見た目にもこだわりがあります。
オンかオフどちらか一方でしか使えないと不便ですし、使いづらいものは結局飽きがきたり使う機会がなくなってしまうからです。
最後はやはり予算内で収められ、できれば近場で購入できて何か不具合があればすぐに修理の依頼ができるところで購入できればベストだと考えました。
最終的に、近郊の専門店でイメージ通りのブランド腕時計を購入したのです。
実際に足を運び様々なものを見比べていくうちに、それまで意識していなかったものの良さに気付いたり魅力を感じたりして、実物を見てからむしろ迷いが生じました。